信頼できる不用品回収業者の条件

このコラムをシェアする

許可を申請しているか

粗大ごみや不要とされる品々を回収するには専門の認可が必要になります。
こうした認可を受けずに営業しているところもあるため、注意しましょう。
そんな業者が、正しく不用品を処分してくれるとは思えません。
雑に扱われる危険性があるので、許可の有無を確認できなかったら避けてください。
正しい方法で不用品を処分しないと、地球環境の悪化に繋がります。

サイトを見て、どんな方法で不用品を処分しているのか調べても良いですね。
信頼性が高い業者なら、正しい処分方法をサイトに掲載していると思います。
また、業者に問い合わせるのもおすすめです。
実際にどのような方法で処分しているのか聞くと、信頼性がわかります。
正しい方法だとわかったら、処分を依頼しても大丈夫です。

気をつけた方が良い場合

突然自宅を訪問して、不用品がないか尋ねる業者が見られます。
しかしそのような業者は、怪しいのと言われているので相手にしないでください。
信頼背が高い業者だったら、訪問するような真似はしません。
すぐに断ってください。
しつこく不用品がないか聞かれるパターンが多いですが、乗せられて依頼してはいけません。

ちょうど今処分したい不用品があるからと申しこむと、相場以上の料金を請求される可能性があります。
最初は安い料金を提示しても、後から追加料金を請求するので油断しないでください。
また悪質な業者は、契約を急がせる傾向が見られます。
今契約しなければ間に合わないと言っているようだったら、怪しいのですぐに帰ってもらいましょう。